テーマ:小説

小説や文章の作成で気をつけたい要素を手軽に解析「下読みさん」

窓の杜 オモロー! 構造解析のための有限要素法実践ハンドブック楽天ブックス岸正彦/非線形CAE協会森北出版この著者の新着メールを登録する発行年月:2006年05月登録情報サイ楽天市場 by 図解入門 よくわかる最新有限要素法の基本と仕組み—応用解析の実践とその手順を初歩から学ぶ (How‐nual Visual Guide Bo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝た1 宇宙人やUFO テレビでやっている宇宙人やUFOは全て嘘である。 現在確認されている宇宙人、いや宇宙生物は 人間のように知能を発達させたものではない。 その様相や行動は、人間から見た動物に近い。 動物が高度に進化し、宇宙環境に適応したものなのだ。 UFOとされるものは、植物の種子のようなキャリアーと呼ばれる生物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

壁には一枚の写真がある。 大地には刈り終わった麦畑が広がり、 人々は藁で大きな鯨のような生き物を描いている。 上空には空のような蒼い海が広がり、 無数の船らしきものが浮かんでいる。 遠くには天辺が太陽のように輝く大きな塔が見える。 *今日の夢から、小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケロロ小隊・第666プロジェクト「カーボンオフセット」

「と、言うわけで~、ケロン星環境補完委員会より、通達が来たのであります。諸君、ペコポンにダメージを与えることなく侵略を遂行するため、カーボンオフセットに真摯に取り組むであります!」 「お、おい、ケロロ、もう一度わかりやすく説明してくれ、どうも、こう、、、昨日、徹夜で銃の手入れをしていてだなぁ、頭がぼーっとしているというか、、、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第17次ペコポン温暖化対策会議、であります!_ver.1.2

「あ"ーーー、寒いでありますなぁーー。ペコポンの冬ってやつは何でこー寒いかねーー。」 「夏の暑さと湿気が恋しいですねー。」 「ええい!キサマらたるんどるぞ!!それでも軍人か!!!」 「プップ~~。ま、最近の冬は地球温暖化ってやつであったかいほうらしいぜー。」 「ちきゅーおんだんかー。何それー。○カ&トシの新しいツ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小説?「マコトココロ物語(仮題) ”第2ワ"」

むかしむかし ある所に、幸せの国がありました 幸せの国では、誰もが皆笑い 平和に暮らしていました むかしむかし 幸せの国と大きな川を隔てて カラクリの国がありました カラクリの国では、誰もが皆真っすぐ前を向いて せわしなく働いていました むかしむかし 幸せの国カラクリの国と山を隔てて 極寒の地に、戦の国があ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小説?「マコトココロ物語(仮題) ”第1ワ"」

むかしむかし ある所に、幸せの国がありました 幸せの国では、誰もが皆笑い 平和に暮らしていました むかしむかし 幸せの国と大きな川を隔てて カラクリの国がありました カラクリの国では、誰もが皆真っすぐ前を向いて せわしなく働いていました むかしむかし 幸せの国カラクリの国と山を隔てて 極寒の地に、戦の国があ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

小説?「ココロの空(仮題) ’四の鼓動-Aパート’」

「、、、と、こういう具合に、鉛筆は使うんじゃ。とりあえず、 そこにあるヒマワリを描いてみなされ。」 「イエッサー。ラジャーであります。お師匠様! わたくしめは、気合いゲージMAXで、 この任務に望む次第でありますです!」 「ほっほっほ。頑張ってくれたまえ、ソラ中尉殿。」 おいおい、先生まで変になってるよ。 ソラが初めて教室…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

小説?「ココロの空(仮題) ’三の鼓動-Bパート’」

チヨ子おばあさんは、ナッツと戯れている。 相変わらず、誰かと勘違いしているが。。。 「でも、ソラもお人好しだなぁ。ボケてるおばあさんに話を合わせるなんて。」 「お人好しとかそんなんじゃないよ。ただ、この歳になってお友達にも先立たれて、 本当の親友がいなくて、きっと寂しいんだよ。心の底では、友達とお話ししたいんだよ。 それに、私…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

小説?「ココロの空(仮題) ’三の鼓動-Aパート’」

約束の土曜日がやって来た。 僕はナッツを連れて、公園へと向かった。 あのソラって娘は、いったいどんな絵を描いてくるのだろう。 勝負なんてどうでもいいから、、、その前に、勝負する意味がわからないが、、、 ソラの絵を見てみたい。 これって、先生の言う、いろいろなモノを見るってことになるのかなぁ。 きっとそうだよな。美術館で、芸術…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小説?「ココロの空(仮題) ’二の鼓動-Bパート’」

「えーー、そうかなぁ、、、いや、絶対天女だって。このソラの眼は節穴ではないし、 プロの眼でもない!が、ハッキリ言って天女だとここに断言します! 、、、おっ、そうだ、こう言う時は当の本人に聴くのが一番だ。 絵描きさん、一言。」 「えっと、、、」 この娘は、天然と言うか、何と言うか、、、 元気だけで突っ走って、、、 面白い娘だ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小説?「ココロの空(仮題) ’二の鼓動-Aパート’」

「う~ん、中々いい絵じゃ。良く頑張ったな。じゃが、、、知が足りん。」 「ち?」 「そう、知。お主の絵は[技]があるが、[知]つまり、知識が足りん。 ついでに言うと、量も足りん。今まで、何枚の絵を描いた事がある? いろいろなモノを見、そこから、いろいろなモノを知り、それを何枚も描くんじゃ。 まぁ、簡単にまとめると、経験が足りんの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小説?「ココロの空(仮題) ’一の鼓動’」

僕は画家。本の僅かの楽しみと、 一枚のキャンバスに収まる程度の小さい空想力と、 一握りの希望をココロに育む画家。 僕の絵は、やっと先生が評価してくれるようになった。 まだ、ダメ出しが多いけど。。。 僕がここまで成長できたのは、きっとあの女の子のお陰だ。 今でも、思い出すと不思議な面白みのある出来事だ。 そう、あれは丁度今か…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more